ミドリムシサプリメント

ミドリムシって一体何?

ミドリムシとは体長わずか約0.05mmという、とても小さな微生物(藻の一種)です。髪の毛の太さがだいたい0.07mmですので、それよりももっと小さいことになります。その姿をはっきり見るためには顕微鏡で見るしかありませんが、この小さな体には、無限の可能性が秘められているのです。

ミドリムシは、動物と植物の両方の特徴を持っているので、淡水で育ちます。また、和名では「ミドリムシ」と言いますが「ムシ」ではなくコンブやワカメと同じ「藻」の仲間です。体は緑色で植物のように光合成を行って、その栄養分を体内に蓄えるだけでなく、動物のように細胞を変形させて移動することもできるのです。このように生物学上で植物と動物、両方の性質を備えている生物はとても貴重な存在です。

ミドリムシは植物の性質を持つことで、光合成によって成長していきますので、太陽光と水、二酸化炭素だけで育つことができます。その栄養素の生産効率はなんと稲の約80倍とも言われています。また、高濃度の二酸化炭素の中という過酷な環境下でも自ら成長することができる生存能力の高さも特筆すべき部分です。地球の大気中の約1000倍という高い二酸化炭素濃度の中でも元気に生育していく適正能力を持っているのです。
そして光合成を行うということは、植物のように、二酸化炭素を炭水化物等に固定化して酸素をつくるということです。この生産効率がミドリムシはとても得意です。この二酸化炭素の固定能力の高さが、地球温暖化対策においてもとても有望であると期待されています。